プチ断食 @プチ断食で3キロ痩せ。こんなに楽にできるなんて・・・

プチ断食はただの絶食とは違う!

不安や緊張から神経が高ぶり、眠れない不眠。過労なども原因になることから、不眠によって体の疲れが取れず、また眠れないという悪循環に陥ってしまうことも。「プチ断食」は、睡眠が失われた状態である不眠の特効ツボ。このツボは、温めるのも効果的です。異物に対する過敏な反応として出るアレルギー。皮膚の湿疹や喘息、鼻炎など、さまざまな症状が含まれます。こうした症状には、血流を促進し、炎症をおさえる「曲池」が効果的。ほかに、胃経の流れをよくするプチ断食もおすすめです。何らかのプレッシャーなどを受けたりしたときに起こるのが、ストレス性の下痢です。冷え体質の人に多いので、体を温めることと、精神的なリラックスが必要です。おなかを温める「神閥」と自律神経を整える「内関」が効果を発揮します。生理のとき、吐き気、頭痛、下腹部痛、腰痛などの症状が出る生理痛。ホルモンのバランスが乱れたり、ストレスが原因になることも。血の滞りを改善するツボとプチ断食は、生理の時期だけではなく、最低でも2?3日前から始めるのが効果的です。中腰から物を持ち上げたときなどに、急激に起こるギックリ腰。症状が出たら何よりも安静第一にして、患部をさわるのは避けましよう。ギックリ腰には、「腰腿点(別名¨腰痛点とが一番です。でも、ひどい場合は専門家に頼るのがベスト。枕の位置や、寝る姿勢が原因となって起こる寝〕遅ヽえ。長時間同じ姿勢を続けていても、同じ症状が現れることがあります。さらに、肩や首の筋肉がこっていると、寝違えやすくなります。患部にはふれず、首と肩周辺の緊張を緩和しましょう。春の訪れとともにやってくる花粉症。その症状のほとんどが、アレルギー性の鼻炎です。「迎香」は、匂いが感じられないような鼻づまりをすみやかに解消するツボです。 融か」はヽ炎症を緩和し、自律神経の働きを調節します。手は「第二の脳」ともいわれ、ツボが多い場所。たとえば指のつけ根には、肩コリに効くツボがあります。仕事中や書き物の最中でも、ツボ押しは簡単にできます。たとえば、腕全体を伸ばした状態で、指をそらせて根元をストレッチ。指先を1本ずつつまみ、根元から指先へともむ方法もあります。

 

プチ断食に人気なのは酵素ドリンク!

 

さらに、肩コリには合谷(ごうこく)を押したり、腕をまっすぐ前にイ申|ますのも効果的です手でげんこつをつくり、背骨の両わきにあて、ぃすの背に寄りかかります。自分の体重でぐっとッボをプッシュ。げんこつを動かしながら気持ちのいい場所を見つけて押すと、腰痛が楽になります。疲れ目や肌荒れになどに効く、顔のツボも座ったままでoK。ひじを立てて、指にツボ(ツボは95ベージ参照)があたるように顔や頭を乗せるだけです。思いついたときに、さりげなくプチ断食。これを習1貫にして、気になる場所をこまめにケアしてみましょう。体質改善プチ断食を毎日の習慣にすると、しだいに体は不調のない状態に近づきます。そうなれば、次はいよいよ本格的なスリミングプチ断食のスタート。スリミングの第一歩は、「太らない体」をつくるための「べ―ストリートメント」。これは、ステツプ5でこ紹介する部位別のスリミングプチ断食の効果をより高めるために、あらかじめ全身の経絡やリンパの流れをスムーズにしておくためのプチ断食です。畿二急がば回れ」で効果アップたとえば、全身のバランスが悪く、おなかだけがポッコリ出ていたり、脚だけが太かったりする原因は、そこに世用りがあり、気や血、津液の変調が起きていることにあります。ですからあらかじめ体質改善し、全身の流れをスムーズにして老廃物を排泄しやすい体になっていないと、気になる部位だけのプチ断食をしても、効果が上がりにくいのです。人間の体には、くまなくリンパが、さらに経絡がはりめぐらされているので、その流れをよくして体のバランスを整えることが、結局はスリミングヘの近道。そのためのべ―ストリートメントは、スリムな体の土台づくりのプロセスになるわけです。幸体がほぐれて温まるまで続けて体に行なうべ―スのプチ断食は、全部で8つ。1から8までのステップを―クールずつ、1.5セット繰り返して下さい。一つひとつのプチ断食にかける時間は、5分程度です。ただ、「全身がほぐれて気持ちがいいな」と感じるまで続けることがポイント。スタート前にくらべて、体がじんわりと温まってきたころが目安です。バスタイムなど、全身が温まっているときに行なうと、さらに効果的です。痩身効果や美肌効果のあるオイルやジエルも、バスタイムなら手軽に楽しめます。幸やせやすく太りにくい体に!このべ―スプチ断食を毎日行なうだけでも、体全体のラインがスツキリとしてきます。気血やリンパの流れがスムーズになることで、やせやすく太りにくいという理想的な体質になるのです。べ―スプチ断食でウォーミングアツプしたら、その後はステップ5の部分別のスリミングプチ断食ヘ。滞りのない体は、プチ断食の効果が早く出ます。さらに、続けるほどに確かな効果を実感できるはずです。さらに、このべ―スプチ断食は部位別スリミングなどのほかのプチ断食を行なったあとに、クールダウンのプチ断食として行なうのもおすすめです。さあ、健康で「太らない体」、内側からキレイな体を手に入れましょう.

更新履歴


このページの先頭へ戻る