顔がやつれる

あまりのことに、「酵素ドリンク式は顔がやつれないから、『わぁ、痩せたわね』といわれることはないのだが」と言い訳がましいことをどこかのコラムに書いたら、さっそく『噂の真相』の覆面座談会で、「全然、変わっていない」と書かれ、大ショックを受けたこともある。たしかに、エステの広告に出てくる女の人のような「使用前」「使用後」的な大変身は、まだとげていない。「これで私も念願のレースクイーンになることができます……」「・3号が9号になりました」「10歳は若返ったといわれます」「あこがれだったマイクロミニが、やっとはけます」と思ったこともないものなぁ。ダイエットに、ぬか喜びは禁物である。この気のゆるみは、リバウンドさえなかったものの、私をしばしば「酵素ドリンク式モドキ」の女にした。このあいだ「こんにちは2時」を見ていたら、あのキャシー中島さんが、「ちゃんと目標体重になるまでは、絶食ダイエット痩せたかは公言しない」といっておられたが、私もそうすればよかったと、本当に後悔している。ふとした瞬間に鏡に映った我が身には、まだまだぜい肉がいっぱいついている。とくにお腹と背中。体重は10キロも減っているというのに、相変わらずタップンタップンなのである。悲しいけれど、これが現実だった。酵素ドリンク式エステの効能自分自身への評価を世間様からのそれにできるだけ近づけるために、つまり、自分がまだいかにデブであるかを冷静に見極めるために私がよく通っていたのは、酵素ドリンク式エステだった。そう、有名な垢スリである。それも、キレイなOLさんのお客が多いところ。時間帯も彼女たちで温れるアフタ15を狙うといい。

 

 

人に甘く、自分にキビしく誰でも、自分への評価は甘いものである。私はたぶん、世間様の評価よりも、ずっと自分は痩せていると思っている。ちょうど10キロほど痩せたときのことだ。これまでにない大成功に有頂天になった私は、あちらこちらの雑誌に、「酵素ドリンク式で10キロ痩せた」と書きまくっていた。しかし、周囲のリアクションは、「ほんとに、そんなに痩せたの?」「それほどイメージが変わらないのは、どうしてかしら」と、いたって冷たい。「山田の10キロは私の硼グラムね」といい放った友達もいた。


このページの先頭へ戻る